国際結婚に向けての入会から成婚までのの流れ - 国際結婚の結婚相談所|恵企画

国際結婚に向けての入会から成婚までの流れ

国際結婚の準備から現地でのお見合い、帰国後手続き等についてトラブルなくご成婚までを活動していただくためにしっかり恵企画がサポートします。

入会資格について

1,21才以上で真剣に結婚をお考えの方。
2,日本の法律に基づき結婚が可能な方で安定したお仕事・収入が有る男性に限る。
3,思想、政治、宗教に偏見の無い方。
4,心身共に健康であり暴力癖・酒癖・ギャンブル癖が無い方
 
※上記以外、当社独自審査基準によりお断りさせて戴く場合が御座います。予めご了承下さいませ。
※また入会後、上記内容、契約事項に抵触した場合解約させて頂きますのでご了承下さいませ。

入会からご成婚まで

お問合せから専任の仲人とご面談、会員登録、お見合い渡航、帰国手続き、成婚までの流れをご案内します。

当会に登録の女性会員よりお見合いしたい、プロフィールを詳しくしりたいなど気に入った方をお選び下さい。

ベトナム、フィリピン、中国の現地スタッフに男性のプロフイール(身上書)を送り、選んだ女性にご紹介いたします。

相手女性が承諾後、当会との契約を妥結。お相手の元へ出向きます。お見合いは通常2泊~3泊です。
※料金は料金案内参照、日程は本人と相談します。

男性・女性共に結婚を、承諾した場合、後日結婚式の為、再度お相手国へ出向きます。
結婚は通常3泊~4泊です。仕事の都合で日数が取れない方はご相談ください。
※結婚手続き・結婚式等料金は料金案内参照、日程は本人と相談します。

結婚手続き、披露宴を済ませ帰国後、日本での手続きを行います。

戸籍地役場等へ入籍後、戸籍謄本を取得、所轄の入国管理局へ在留資格認証明書の申請を行います。

入国管理局から在留資格認定書が交付されたら、お相手元へ送付、花嫁は所轄の日本領事館へビザの申請を行います。

ビザが交付されましたらいよいよ花嫁の来日です。

花嫁来日後に市役所にて登録を済ませて下さい。ビザは終了期日1ヶ月前より在留資格更新の手続きを完了して下さい。
※ベトナム人女性との国際結婚の場合国交手続き上3回コースになり場合がございます。事前に専任仲人よりご相談させて戴きます。

ご成婚までに必要な手続きと書類関連のご案内

1,お見合いツアーに必要なものについて

・パスポート(期限6ヶ月以上)
・必要日数の衣類
・男性の住居・近辺の写真
・ご自身家族の写真等
・その他参考資料

2,結婚ツアーに必要なものについて

・お相手への結納金
・パスポート(期限6ヶ月以上)
・戸籍謄本
・住民票
・家族へのプレゼント他
 

3,日本での入籍書類等について

・公証書(国籍・出生・結婚)に日本語訳文を付ける
・婚姻届(本人2名及び保証人記名捺印)

4,入国管理局への申請について

・公証書(国籍・出生・結婚)に日本語訳文を付ける
・在留資格認定証明書交付申請書(入国管理局所存)
・身元保証書(入国管理局所存)
・家族の一覧表(男性側・女性側の家族概要)
・申請人(奥さん)の証明用写真2枚、公証書使用時の物で問題ございません。
・戸籍謄本(婚姻の記載済の物)
・住民票(3ヶ月以内取得で家族全員の物)
・在職証明書(会社発行の物)自営者の場合には青色申告書コピー
・課税・納税証明書(収入を証明する物)
・お見合い時・結婚式時の写真各2枚とその他旅行時等写真2枚
・質問書(出会いより結婚までの経緯詳細)
・男性パスポートのコピー(中国への出入国スタンプページ等)
・392円切手を貼った返信用封筒
・住居の写真(外観・内観等各2枚)
・交際中の手紙・メール・電話局の通話詳細、その他

5,在留資格認定書取得後の対応について

・在留資格認定書が入管より男性の自宅に送られて来ます。
・直ぐに現地の奥様宛に送る、その際の書類は戸籍謄本、男性会社名・所在地、電話番号等必要書類に明記します。
・各国の日本領事館へビザの申請へ(申請期間約1ヶ月前後)ビザ取得後、来日となります。
・来日後、住居地の役所、登録管轄の入管にて在留カードの申請を行って下さい。
 
※ビザ期限内に必ず行って下さい。

6,現地ご家族の呼び寄せについて

花嫁のご両親呼び寄せは中国又は越南又は比律賓の日本領事館での手続きになります。
花嫁来日後よりアフターケアーを致しますのでご安心ください。

無料会員登録でお見合いを待つアジア人女性を今すぐ確認!
ベトナム・フィリピン・中国人女性があなたとの出逢いをお待ちしております

※詳しいプロフィール詳細へのアクセスはご面談後にご紹介できます。
※創業38年以来、ブローカー、偽女性会員は一切なく直運営させて戴いております。